【簡単】しっとり!バナナケーキのレシピ【混ぜて焼くだけ】

RECIPE

・いつもバナナを食べきれないままダメにしてしまう

・熟しきってしまう前にどうにかしたい

という方、いらっしゃいませんか?
これから暑くなってくると、バナナが黒く熟していくのが更に早くなっていきますよね。

そんな時は、バナナをたくさん消費できるレシピで、無駄をなくしてしまいましょう。

作るなんて面倒だな〜。

と思っている方も、ご安心ください。
ご紹介するレシピは、1つのボウルに材料を混ぜていき、型に流し込んだら後は焼くだけ!
とっても簡単にできるんです。

今回は、バナナが割と黒くなっても使えて、むしろ黒い方が甘く美味しい、簡単でしっとり仕上がるバナナケーキのレシピをご紹介します。

バナナとクルミの飾り付けは、インスタグラムでもフォローしている若山曜子さんのバナナブレッドを参考にさせていただきました。若山曜子さんが作るお菓子はどれも魅力的で、本当に美味しそう…!
※材料は、若山曜子さんとは違う分量になっています!

それでは作っていきましょう!

しっとり!バナナケーキの材料(パウンド型20㎝×7㎝)

しっとり!バナナケーキの材料
  • バナナ 200g
  • バナナ(飾り用) 1本
  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 3g
  • 卵 1個
  • 砂糖 60g
  • 無塩バター 70g
  • バニラエッセンス 適量
  • くるみ 適量

若山曜子さん曰く、生地に混ぜる用のバナナが多すぎると、ういろうのような仕上がりになるため、バナナは200gを超えない方がいいみたい。

そういえば初めて作った時、調子にのってバナナをたくさん入れたら、確かにういろうや羊羹のような仕上がりになったな。。

とは言うものの、個人的にバナナ感強めのバナナケーキが好きなので、薄力粉は少なめにアレンジしています。でも、ういろうにはならないしっとり感ですよ〜!

しっとり!バナナケーキのレシピ

①粉類を合わせておく

薄力粉とベーキングパウダーをあらかじめ合わせ、混ぜておきましょう。

①粉類を合わせておく

②バナナをピューレ状に潰す

バナナをボウルに入れて、ピューレ状になるまで潰し混ぜます。

②バナナをピューレ状に潰す

小さい塊が残るくらいがベスト!バナナの塊が荒く大きすぎると、生地の下に沈んでしまうそう。

③卵と砂糖を入れる

泡立て器でよく混ぜましょう。

③卵と砂糖を入れる

④溶かしバター・バニラエッセンスを入れる

バターとバニラエッセンスを加えて、更に混ぜます。

④溶かしバター・バニラエッセンスを入れる
④溶かしバター・バニラエッセンスを入れる2

⑤粉類を半量入れてしっかり混ぜる

①で合わせておいた粉類の半量を、ふるいながら入れましょう。その後泡立て器でしっかり混ぜます。

⑤粉類を半量入れてしっかり混ぜる
⑤粉類を半量入れてしっかり混ぜる2

⑥残りの粉類を入れて、すくうように混ぜる

残りの粉類もふるって入れたら、今度はゴムベラで底からすくうように、粉っぽさがなくなるまでさっくりと混ぜましょう。

⑥残りの粉類を入れて、すくうように混ぜる

⑦型に流し込んで焼く

型に流し込んで、バナナとクルミを飾り付け。

170℃で予熱したオーブンで45分焼いたら出来上がり!

⑦型に流し込んで焼く
⑦型に流し込んで焼く2

 

完成!

完成
完成2

いい焼き上がり〜。このインパクトのあるトッピングがたまらない!

まとめ

まとめ
まとめ2

今回は、1つのボウルに材料を混ぜていくだけの、簡単でしっとり仕上がるバナナケーキのレシピをご紹介しました。

バナナ、結構やばいかも?くらいの黒さの方が甘く美味しく作れるので、本当にバナナの救済レシピだと思います!

バナナの甘み、生地のしっとり感、クルミの香ばしさと食感が絶妙にマッチしていて、また作りたくなる美味しさ!

家族もお気に入りで、私はもう既に3回作ってるよ〜!

甘党な方は、メープルシロップやはちみつ、生クリームなどカスタマイズして食べるのも良いかもしれません。

次回作った時は、生クリームにシナモンをかけたものを添えて食べてみようかな。

冷蔵庫で冷やして食べても美味しいですよ!

このレシピを見てくださったあなたも、是非おうち時間のおやつに、しっとりバナナケーキを作ってみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました